店舗よりもローコスト運営できる!ecサイト運営術

無料アプリケーションを利用して開設しよう

大企業では当たり前のように持っているホームページですが、個人経営の商店などではホームページを作るにも、ノウハウがなくて苦労しているという方もいるかもしれません。そんな方がネット上で商品の売買が取引できるecサイトを作るなど、難易度が高すぎて夢のまた夢と、思わず尻込みしてしまいそうですよね。かといって、專門業者に依頼しようとすると、見積もり額を見てびっくりの金額を提示されて、結局は諦めざるを得ないという事態になる姿が想像できます。
しかし、現代はITツールの発達によって、ecサイトを簡単に作れる時代となりました。今回は、特に無料アプリケーションを使ったecサイトの運営術について簡単に触れてみましょう。

CMSのプラグインを導入する

無料でecサイトを作ることができると聞けば、店舗を経営している方にとっては夢のような話なのですが、アプリケーションをただダウンロードすればサイトが完成するような魔法はございませんので悪しからず。具体的には、まずCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)のアプリケーションを使います。
CMSを使うメリットは、あらかじめ用意されたテーマ(サイトのひな形)をそのまま利用すればクオリティの高いサイトが利用できます。また、ecショップを開設する際にはCMSの機能を拡張させるプラグインを利用しましょう。カート機能を持ったプラグインが無料(一部有料の機能もある)で使うことができますので、用途に応じてカスタマイズして自分だけのオリジナルecショップを作ってみましょう。

コンビニの決済代行サービスとは、料金支払いを後払いにし、コンビニで支払うことができるサービスのことです。以前までは、公共料金が主でしたが、今は、通販やネット購入の商品の代金までも支払うことができます。